ゲイバーの店子の時給はいくら?サポやパパ活と比べて稼げるのはどっち?

この記事でわかること

  • ゲイバーの時給について
  • サポやパパ活との稼げる金額の比較

最近は、ゲイだけではなくノンケも働くようになってきた「ゲイバー」。

ちょっとしたアルバイト感覚で働くことができるので、男性の副業としてもピッタリなんですよね。

しかし、そこで気になってくるのが「ゲイバーの時給」です。

夜の仕事ということで稼げそうなイメージのあるゲイバーですが、実はお店によってはそこまで稼げる仕事ではありません。

そして中には「サポとパパ活、どっちが稼げるんだろう?」と疑問に感じている人も多いことでしょう。

そこで今回は、その「ゲイバーの時給」や「サポとパパ活との比較」について詳しく書かせていただきます。

Hirokazu
ちなみに僕は大学生のころに、大阪の堂山にあるゲイバーで働いていました。

ゲイバーの時給とサポやパパ活との比較

ゲイバーの時給、そしてサポやパパ活で稼げる金額に関してですが、実際は環境によって大きく違ってきます。

ただ、短時間でうまく稼ぐことを考えると、サポやパパ活のほうが稼げます。

たまに月給制のお店なんかがありますが、あれが幹部候補であったり、雇われママとしての勤務がほとんどです。

ゲイバーの時給

まずゲイバーの時給に関してですが、さまざまな違いによって変わってきます。

そこが「思ったよりも稼げない」ということに繋がるんですよね。

その違いというのが、

  • お店の繁盛具合による違い
  • お店の規模による違い
  • お店のシステムによる違い
  • お店のママやオーナーの考えによる違い

こういったものになります。

時給1,000円~1,500円が一般的

まず基本的な時給についてですが、1,000円~1,500円が一般的だと言えるでしょう。

新宿2丁目や堂山であっても、そこまで高くはありません。

昔なんかは、お店によってはコンビニのアルバイトと同じ時給のお店もありましたからね。

Hirokazu
最低賃金で雇われることも日常茶飯事です。

お店の繁盛具合による違い

ゲイバーは、知らない人からすれば「常に賑わっている」というイメージがありますが、それはあくまでも賑わっている店だけです。

平日なんかは誰も来ない時もありますし、土日でも大きなイベントと重なると、お客さんが少ない時もあります。

また賑わっている店=あくまでも人気のお店なので、個人でやっているような小さなお店だと、働ける時間も限られてきます。

Hirokazu
早くお店を閉めるとなっても、給料は保証されませんからね。

お店の規模による違い

お店の規模によっても時給は変わってきます。

例えばゲイバーでも小さなカウンターだけのお店もありますし、クラブのようなカウンターとテーブル席が並んでいるお店もあります。

もちろん個人・法人によっても変わってくるんですが、基本的には小規模なゲイバーがほとんどだと言ってもいいでしょう。

小さいお店だと、やはり客単価の問題もありますので、時給は低いです。

Hirokazu
系列があるかどうかによっても変わってきますね。

お店のシステムによる違い

ゲイバーとは言っても、お店によってシステムはさまざまです。

指名やボトルを入れてもらうとインセンティブが入るお店もありますし、全く何もないところもあります。

従業員個人の人気によって時給が変わることもありますし、どれだけ頑張っても時給が全く変わらないこともあります。

そこで不平不満が生まれることもよくある話なんですが、何年働いても最低賃金のままの所もありますからね。

Hirokazu
働く前にお店のシステムは絶対に確認が必要ですね。

お店のママやオーナーの考えによる違い

お店のママやオーナーの考えによっても大きく変わってきます。

  • 完全にお金儲け主義
  • ちゃんと従業員にキャッシュバックをする主義

大きくわけると、主にこのような考え方の違いがありますが、お金儲け主義のところだと「奴隷扱い」と言っても過言ではありません。

Hirokazu
無理矢理、枕営業をさせる店もいまだにありますからね。

サポやパパ活で稼げる金額や相場

ゲイバーは、お店にもよりますが、基本的に時給制の仕事です。

そしてサポやパパ活に関しては、1回あたりの金額になりますので、イメージで言えば「歩合制」のような感じになります。

そしてサポとパパ活で、相場が少し違ってきます。

サポの場合

まずサポの場合に貰える金額としては、

  • キス、口や手での性交渉=5,000円~10,000円
  • アナルセックスありの性交渉=10,000円~15,000円

この金額が相場となっています。

あくまでも相場なので、もう少し安い人もいれば、高くしている人もいます。

Hirokazu
サポは基本的に数をこなさないと稼げません。

パパ活の場合

パパ活は、サポと比べると料金の相場変動が大きいです。

というのも、

  • 基本的な料金=5,000円~40,000円
  • 初回の顔合わせ=3,000円~5,000円プラス食事代やホテル代

こういった相場はあるんですけど、相手にもよるんですよね。

一般的な収入の人を相手にするとなれば、そこまで高くないですし、「太客」と呼ばれる高収入の人を相手にすれば高いです。

中には、月に2.3回会うだけで何十万を貰えることもあります。

Hirokazu
いかに太客を見つけるかが相手になってくるんですね。

ゲイバーの店子とサポやパパ活とでは、どっちが稼げる?

ゲイバーで働くのと、サポやパパ活には、それぞれのメリット・デメリットがあります。

そのことをふまえて説明をさせていただきます。

サポやパパ活のほうが稼げる

あくまでも僕個人の主観になりますが、サポやパパ活のほうが稼げると感じます。

というのも、時間的な拘束が短いですし、何よりも気が楽なんですよね。

もちろん全てにおいて自己責任ですし、トラブルなどのリスクもありますが、そこは慣れれば回避方法なども身につきます。

金額も自分次第で大きく稼ぐことができるので、サポやパパ活のほうが稼ぎやすいと言えるでしょう。

Hirokazu
ゲイバーだと稼げる上限値がありますから。
参考ゲイのパパ活やサポにオススメな出会い系サイトやアプリ・掲示板

続きを見る

ゲイバーはあくまでも「勤務」

サポやパパ活と違い、ゲイバーはあくまでも時給での勤務になります。

そのため稼ぐとなれば、必ず長時間の拘束がありますし、勤務できる時間も限られてきます。

さらに基本的にはお酒を飲む必要もありますので、翌日の行動も制限されることになるんですよね。

Hirokazu
短時間で稼ぐというのが不可なんです。

ゲイバーは働ける場所も限られている

またゲイバーは、働ける場所も限られてきます。

一応、全国に存在していますが、メインは東京・大阪・名古屋・福岡などの密集した一部の地域となっています。

そのため、その場所に住んでいない限りは、働くことができないです。

サポやパパ活の場合は、相手さえいれば、全国どこでも稼ぐことができます。

地方や田舎であっても、出張で来た人を相手にしたり、気に入ってもらえば交通費込みで遠征もありますからね。

Hirokazu
ゲイバー勤務の場合は、交通費も出ないことがほとんどです。

「サポやパパ活」は1人を相手にするだけでOK

そして何よりも相手にする人数の違いが大きいです。

例えばゲイバー勤務の場合は、そのお店にくるお客さん全員の相手をする必要があります。

どれだけ嫌な相手であっても合わせないとダメですし、お酒の席なので、思わぬ暴言を受けることもあるでしょう。

サポやパパ活の場合は、1人だけを相手にすればいいだけですし、もし嫌であれば次回から自分で断ることだって可能です。

あくまでもお互いが気に入った相手とだけ会えばいいので、サポやパパ活のほうが気楽でいいんですよね。

Hirokazu
パパ活はある程度のコミュニケーション能力が必要ですが、サポは基本的に性行為ができれば問題ないですからね。
参考ゲイのパパ活やサポにオススメな出会い系サイトやアプリ・掲示板

続きを見る

最後に

今回は、ゲイバー勤務の時給と、サポとパパ活による稼ぎについて書かせていただきました。

もちろん向き不向きなどもありますが、お金を稼ぐ、そして自由さえ言えば「サポやパパ活」のほうが圧倒的に稼ぐことができます。

ぜひ参考にしてくださいね!