売り専の面接はどんな内容を聞かれる?実技やチンコは見せないとダメ?

12月 12, 2022

この記事でわかること

  • 売り専の面接内容について
  • 実技であったりチンコを見せないとダメなのか

ゲイやノンケの男性が、手っ取り早く稼ぐ方法と言えば「売り専」です。

東京や大阪・名古屋・福岡では、さまざまなタイプの売り専の店舗があり、高額バイトとして人気ですよね。

中には月に100万以上稼いでいるボーイもいて、年齢に関係なく働くことができるので、40代や50代の男性でも働いています。

そのため売り専で働くことを希望している男性も多いのですが、気になるのが「面接の内容」です。

そこで今回は、実際の面接内容などを紹介させていただきます!

Hirokazu
僕は売り専で働いていた経験もあるので、その時の経験をふまえて紹介させていただきます!

売り専の面接について

売り専は、男性が働く風俗店のことで、ゲイ業界には欠かせない存在です。

特に東京や大阪には何店舗も存在し、店舗型と出張型(デリバリー)があり、「男子学園グループ」や「男道場グループ」などが有名ですね。

そしてゲイ業界の特性として、10代や20代の若い子だけではなく、30代や40代の男くさい感じのタイプでも十分に通用する世界です。

ただ、売り専はあくまでも「会社」として経営をしていますので、必ず働く前には面接が必要になってくるんですよね。

売り専の面接で聞かれる内容

そして売り専の面接では、必ず以下のことが聞かれます。

  • 売り専への志望動機
  • そのお店を選んだ理由
  • 稼ぎたい金額や入れるスケジュール
  • 写真・身長・体重・年齢・Pサイズ
  • セクシャリティ
  • バック(アナル)が使えるかどうか
  • どんなプレイまで可能なのか?

念のために詳しく説明させていただきますね。

志望動機

売り専は、あくまでも遊びではなく仕事になりますので、志望動機を必ず聞かれます。

この志望動機に関しては、変にきれいな言葉を選ぶのではなく、ありのまま答えたほうがいいです。

  • 見た目に自信があるので自分に向いていると思った
  • 〇〇するための資金を稼ぎたい
  • セックスが好きなので働きたい

あと売り専に来るお客さんは、芸能関係の仕事をしている人達も多いので、「芸能人になりたい」という意見も多いです。

Hirokazu
自分のありのままをアピールしましょう。

なぜその店を選んだのか?

売り専は、さまざまなコンセプトのお店があり、お店によって「個性」があります。

その個性を大事にしているお店だと、必ずそのお店を選んだ理由を聞かれますし、答えによっては面接で落とされる可能性があります。

また給料なども、お店によって大きな違いがあり、だいたいがホームページやブログなどに条件が書いてあります。

  • ホームページやブログを見て自分に合うと感じた
  • お店のボーイの写真を見て自分にもできると思った
  • 営業スタイルや条件が気に入った

そのため面接を受けるときに、まずはお店のコンセプトや勤務条件などを、ホームページやブログで確認したほうがいいでしょう。

Hirokazu
ホームページやブログがない場合は、この質問をされることはあまりありません。

稼ぎたい金額や入れるスケジュール

稼ぎたい金額やスケジュールは、最重要項目として聞かれます。

というのも、そこで「売り専に対するやる気」や「使いやすさ」を判断するんですよね。

  • 月に100万を稼ぎたいのでガンガン働きたい
  • あくまでも副業として働きたいので休日だけにしてほしい
  • お小遣い稼ぎ程度に頑張りたい

あとは宿泊での勤務が可能かどうかも聞かれますので、そこは何も遠慮せずに明確に答えた方がいいです。

Hirokazu
アルバイトの面接と同じ感じですね。

写真・身長・体重・年齢・Pサイズ

これはホームページやブログ、またお店で用意されているアルバムに載せる用の質問になります。

ちなみに写真に関しては、お店によってはNGにしてもらえるところもありますが、OKにしたほうが圧倒的に稼げます。

Pサイズ=チンコの大きさのことで、また後ほど詳しく説明しますね。

Hirokazu
この項目はお客さんへのアピールポイントになります。

セクシャリティ

お店によっては、セクシャリティも聞かれます。

というのも、売り専で働くのはゲイだけではなく、お金のためにノンケが働くこともあるんですよね。

また「ノンケ」というだけで、アピールポイントに繋がりますので、お店側が「ノンケとしてやってほしい」と言ってくることもあります。

Hirokazu
「ノンケ」というのは一種のブランドですからね。

バック(アナル)が使えるかどうか

これは単純にバック(アナルプレイ)ができるかどうかになります。

  • 挿入するのは可能か
  • 挿入されるのは問題ないか

ゲイ業界での性行為は、アナルセックスができるかどうかで需要も変ってきますので、指名率に大きく影響してきます。

もちろん最初はできなくても大丈夫ですし、途中でOKに切り替えることも可能です。

Hirokazu
ちなみに僕はNGと伝えていましたが、お客さんに教えてもらってOKになりました。

どんなプレイまで可能なのか?

このプレイに関しては、お店のオプションによって大きく変わってきます。

基本的にキスはどこの店舗でもあるとして、

  • SMプレイやグッズは可能か
  • 3Pやスワッピングなどの複数プレイは可能か

こういったプレイが可能かどうかを聞かれます。

少しマニア要素が強いものに関しては、NGと答えても問題ないのですが、やはりOK項目を増やしたほうが稼げるのは言うまでもありません。

お店側としてもお客さんに紹介しやすいですし、お金持ちの男性はマニアプレイを好みますからね(笑)

あまりにもNGにしていると、いくら見た目が良くても指名されませんので、稼ぐことができなくなります。

そのため、仕事と割り切ってOKにするほうが稼ぐことができます。

Hirokazu
たまにいるんですよね。最低限のことしかできずに全く指名を貰えないボーイが。

実技やチンコの計測について

ウリセンの面接で、気になることと言えば、やはり実技やチンコの計測についでではないでしょうか。

よく噂になる面接での実技やチンコの計測は、実は少し誤解があるのです。

実技がある売り専のほうが少ない

まず実技に関しては、無いところが多いです。

僕は今まで複数の店舗で働いたことがありますが、実技テストをされたことはありません。

よくドラマや漫画の中の風俗だと、練習として実技テストがあるように見せていますが、その必要がないからです。

というのも練習をしなくても、「この子は新人なのでいろいろと教えてやってください」とお客さんに紹介できるからです。

ただ実技ではないんですが、「勃起したチンコを見せてください!」と言われたことはあります。

理由を聞いたことがあるんですが、「どんな人が相手でも、そしていつでも勃起させれるかの確認」ということでした。

やはり緊張していたりすると、全く知らない人の前で勃起しない人も多いですからね。

Hirokazu
ただ、もしかするとお店によっては実技を行うところもあるかもしれません。

チンコの計測について

チンコの計測についても、お店によるとしか言えないです。

例えば上記のように、勃起確認をする店であれば、それと同時に行うこともあるでしょう。

またメジャーを渡された後に、「じゃあ自分で測ってください」と言われることもあります。

採用後に「家で測ってきてね!」と言われることもありますので、そこは本当にお店によるとしか言えないんですよね。

計測方法に関しては、以下の記事を参考にしてください。

参考ゲイの売り専やパパ活、サポにはアソコのサイズは必要?Pサイズについて

続きを見る

ちなみに僕が今まで働いた店は、サイズを計測する店がほとんどでした。

というのも、自己申告だと大きさを盛って申告する子もいたり、太さやキンタマの大きさまではわからないんですよね。

同じサイズであっても、太さや重量感は全く違いますので、そこを把握する意味でも計測する店のほうが多いです。

ホームページやブログで紹介する店の場合は、そのあたりを詳しく記載する必要があるので、計測があると思ってもいいでしょう。

実技はともかく、勃起したチンコなんて、働いてしまえばいくらでも見せることになります。

あくまでも商売道具だと割り切って、堂々と見せてやりましょう。

Hirokazu
結局、売り専は「性行為」があるのでチンコの確認は必須だと言えます。
最後に

今回は、売り専の面接について書かせていただきました。

売り専は「風俗店」になりますので、どうしても面接ではアダルトな内容の質問があります。

ただ、それ以外は基本的に一般企業やアルバイトの面接と同じ流れです。

あまり緊張せずに、リラックスして挑むようにしたいですね!