【Twitter】ゲイのパパ活、サポの出会いはどうやって探せばいいのか?

12月 5, 2022

この記事でわかること

  • Twitterを使ったサポやパパ活の探し方
  • Twitterを使っての出会いによるメリット・デメリット

ゲイの男性、そしてノンケやバイセクシャルの男性でも、お金のためにサポやパパ活をしたい人って多いですよね。

ただ実際に活動をしようとしても、そもそも出会えなかったり、交渉がうまくいかないことってよくあることです。

そしてゲイのサポやパパ活と言えば、クールボーイズなどの掲示板などが有名ですが、今はTwitter(現:X)でも行うことができます。

そこで今回は、Twitterでのサポやパパ活について詳しく書かせていただきます!

Hirokazu
Twitterはサポやパパ活をやりやすい反面、リスクが非常に大きいので注意が必要です!

Twitterでゲイのサポやパパ活について

Twitterと言えば、スマホユーザーであれば誰でもアカウントを持っていると言っても過言ではない国内最大級のSNSです。

企業やインフルエンサーの情報発信だけではなく、ゲイのコミュニケーションツールとしても人気ですよね。

非公開にして鍵をかけることができるので、サポやパパ活をしてお金を稼ぎたい男性だけではなく、お金を出す側にとっても非常に優れたツールだと言えます。

Twitterでパパ活やサポの出会いの探し方

では、実際にTwitterでゲイのパパ活やサポをする方法ですが、

  • 顔出しをして日常的な投稿をする
  • ハッシュタグを使う
  • お金を持っていて寂しそうな人にDMをしてみる

このような方法がメインとなります。

Hirokazu
僕なりの経験則をふまえて紹介させていただきますね!
参考ゲイのパパ活やサポにオススメな出会い系サイトやアプリ・掲示板

続きを見る

顔出しして日常的な投稿をする

まず最初に大事なのが「顔出しをする」「日常的な投稿もする」ということです。

「顔出しをするの?!」と抵抗を感じる方もいるかと思いますが、これをしないと会ってから「タイプじゃないからお金を出せない」というトラブルが起きます。

どうしても顔出しをしたくない場合は、せめて雰囲気がわかる画像を用意しましょう。

そして日常的な投稿に関しては、お出かけしたり、ごく普通の日常生活を感じさせる内容をつぶやくことをオススメします。

できれば写真付きでつぶやくのがいいですね。

そうすることで、自分の人柄などをアピールすることができるので、相手からしても「この子といると楽しそうだな」と感じることができるんですよね。

実際に過去に試したことがあるんですが、「パパ活をしたい」「サポをしたい」とつぶやいているだけだと、誰からもメッセージが来ません。

もし来たとしても、変な人からのメッセージばかりで、結局会えたとしても単価が低い人からのDMが多いんですよね。

選ぶ側の気持ちを考えたら、アイコン無しで意味不明なつぶやきばっかりをしているよりかは、人柄を見れたほうが「この子にサポをしてあげたい」という気持ちになります。

Hirokazu
完全に素性がわからない相手にお金を出したいなんて思わないですからね。

ハッシュタグを使う

Twitterでサポやパパ活をするのであれば、ハッシュタグの使用は必須になります。

例えば、

#パパ活 #ゲイ活 #サポ #サポ募集 #ゲイサポ #裏垢男子

このようなハッシュタグを使ってつぶやくのがいいでしょう。

お金を出す側は、こういったハッシュタグを検索して相手を探しますので、さりげなく1個か2個ほど混ぜておくのがベストです。

ただ、あまりにもハッシュタグを乱用していると「がめつい」というイメージを与えますので、本当に反応が悪くなります。

またTwitterの運営側から目をつけられて、アカウント停止やシャドウバンをされる可能性がありますので、あくまでもさりげなく使うようにしてください。

※シャドウバン=検索結果に表示されなくなること

Hirokazu
乱用しすぎると、安く見られて単価も低くなる傾向にあります。

お金を持っていて寂しそうな人にDMをしてみる

これは少し時間がかかる方法になるんですが、お金を持ってそうな人にDMをしてみる方法もあります。

Twitterはゲイのコミュニケーションにも欠かせないツールで、プロフィールに「G」や「組合員」と書かれていると、だいたいのユーザーがゲイです。

そういう人達って、日常的に出かけた写真や、みんなで集まって楽しそうにしている写真をアップしていますよね。

ただ、あくまでもTwitter上だけで楽しそうにしているだけで、実際には私生活では寂しい思いをしている人が非常に多いです。

そこがポイントになるんですが、ゲイの世界は狭いコミュニティのようなものが形成されており、何かあればすぐに噂になってしまいます。

そのため人の目を気にして、表立ってセックス活動や出会いを求めることに抵抗がある人が多いんですよね。

なので、そういう人たちに「秘密の関係を持ちませんか?」というように営業DMを送ることで、お金で割り切れる関係を持ってくれる場合があります。

しかし、これはブロックされたり迷惑報告されることもありますので、もしする場合は慎重に行ったほうがいいでしょう。

Hirokazu
Twitterでは基本的に「投稿をして相手からDMが来るのを待つ」、これが法則となります。

Twitterでパパ活やサポの出会いを探すメリット

次にTwitterでサポやパパ活の出会いを探すメリットを紹介します。

  • 無料で簡単に利用できる
  • 会うまでのスピードが早い
  • 全国規模で相手を探すことができる

無料で簡単に利用できる

まずTwitterでサポやパパ活をするメリットと言えば、完全に無料で利用できるという点です。

Twitterは、メールアドレスさえあれば誰でも簡単に登録することができますし、5分もあればすぐに活動を始めることができます。

そのため金銭的な負担が一切なしでサポやパパ活をすることができ、個人情報なども気にせず利用できるのがいいですね。

※別の記事で紹介させていただきますが、パパやサポートをしてくれる人の質は、有料の出会い系サイトを使ったほうが良いです。

Hirokazu
気軽さで言えば、Twitterがベストですね。

会うまでのスピードが早い

またTwitterの大きなメリットとして、利用者の「利用頻度」にもあります。

Twitterは、1人で複数のアカウントを持つことができるうえに、「生活の一部」として利用している人が非常に多いです。

これは年齢やセクシャリティなど関係なく、誰だってそうですよね。

その中でもゲイの利用者は、Twitterというコミュニティに依存している人が多いので、常にツイートやDMをチェックしています。

そのため、しっかりした方法でコツさえ掴んでしまえば、相手が見つかるまでのスピードは尋常じゃなく早いです。

Hirokazu
後で紹介しますが、その分のデメリットもありますけどね。

全国規模で相手を探すことができる

Twitterの利用は、世界で見ても日本人がトップだと言われており、地域など関係なく日本全国で利用者が多いです。

例えば出会い系サイトやゲイアプリ、また掲示板となれば、地域によっては過疎っているところもありますよね。

特に地方都市や田舎などに行くと、ナイモンでも常に同じ人ばかりしか表示されません。

その分、Twitterは地域に関係なく常にアクティブユーザーがおり、曜日・時間など関係なく利用しています。

そのため、地方都市や田舎でも、頑張ればサポやパパ活をすることができます。

Hirokazu
出会いやすい&手っ取り早いというのは、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもいいですよね。

Twitterでパパ活やサポの出会いを探すデメリット

では次にデメリットを紹介させていただきます。

実はメリットよりデメリットのほうが多く、この点を理解していないと効率よく稼ぐことはできません。

またさまざまなリスクがつきまとうことになります。

そのデメリットとしては、

  • ドタキャンや冷やかし、変な人がとにかく多い
  • 単発の出会いになる可能性が高い
  • 単価がとにかく安すぎる
  • 出会い系サイトや掲示板と比べるとトラブルが多い

ドタキャンや冷やかし、変な人がとにかく多い

Twitterでサポやパパ活をしてみるとわかるんですが、リプやDMを送ってくる相手は、アイコンや鍵なしのアカウントがかなり多いです。

それ故に、いざ待ち合わせをしても相手が来なかったり、想像以上に変な人やありえない内容のDMなどが来ます。

最悪の場合は、未成年からの冷やかしのメールが来たりすることもあります。

その理由として、出会い系サイトと違い「登録のハードル」が低く、本当に誰でも利用ができるという点なんですよね。

Twitterは、あくまでも「出会うため」ではなく「一般的なSNS」になりますので、いろんな人が利用をしています。

そのためサポやパパ活に対して、あまり良いイメージを持っていない人も多いです。

お金が欲しいがために活動をしているのに、交通費だけが無駄になってしまったり、最悪の場合は犯罪や詐欺などに引っかかる可能性があるので注意が必要です。

Hirokazu
かなり運の要素に左右されることになります。

単発の出会いになる可能性が高い

Twitterでのサポやパパ活は、基本的に単発の出会いとなります。

というのも、「お金払ってでも関係を持ちたい!」と思う人も、興味本位でDMをしてくる人がとにかく多いんですよね。

もちろん、しっかりと関係を築くことができれば問題ありません。

しかし、圧倒的に「消費型の出会い」が多いので、継続して稼ぎ続けることは本当に難しいです。

これは「無料で利用ができて簡単に会える」ということが関係してくるんですが、パパ活やサポを募集している子は山ほどいるので、極端な話をしてしまえば誰でもいいんです。

Hirokazu
そのためTwitterだけで稼ぎ続けることは難しいんです。

単価がとにかく安すぎる

単価の面でも、大きなデメリットがあります。

TwitterでDMを送ってくる人は、「お金がないけど関係を持ちたい」と思っている人が多いです。

またお金があったとしても、安く済ませたいと考えている人も多く、ありえないくらいの安い値段で交渉をしてきます。

そのため大きな金額が欲しい場合は、数をこなす必要があり、結果的に相手をする人数も増えてくるんですよね。

Hirokazu
相手をする人数が増える=性病のリスクも跳ね上がります。

出会い系サイトや掲示板に比べるとトラブルが多い

これはガチな話なんですが、Twitterでのサポやパパ活の出会いはトラブルが多いです。

これはガチな話なんですが、Twitterでの出会いはトラブルが多いです。

こちらの記事でも紹介しているのですが、他の出会い系サイトと比べても頻繁に起きやすいイメージがありますね。

参考Twitterでゲイのサポやパパ活をして実際に起きたトラブル【ゲイ活の実体験】

続きを見る

長年こういう生活をしていると、どうしてもトラブルは付き物なんですけど、おそらくTwitterで出会う子=チョロいという印象が相手にあるんでしょうね。

※まあ実際にチョロい子が多いんですけど。。。

Hirokazu
たしかにTwitterは簡単に人と会うことはできますが、出会う相手の質があんまりよくない上にトラブルが起きやすいです。あんまりオススメはできません。

Twitter以外でゲイのパパ活ができる優良出会い系サイト

実際にTwitterでゲイのサポやパパ活を募集しても、なかなか良い出会いに巡り合うことがありませんよね。

では、Twitter以外でゲイのサポやパパ活をする方法としては、

  • ワクワクメール
  • ハッピーメール
  • G!!!(ジー)
  • bible(バイブル)

このような優良出会い系サイトで募集をする方法があります。

もちろん利用するサイトによって、稼げる金額は変わってくるのですが、そのあたりに関しては各サイトごとに詳しく説明させていただきます。

また以下で紹介するサイトでは、利用規約ではサポやパパ活が禁止されているので、表立って募集することはできません。

ただサポやパパ活を連想させるようなワードを使わなければ問題ありません。

年齢確認について

ワクワクメールやハッピーメールでは、年齢確認があります。

これは男女向け出会い系サイトにて「未成年の登録を防止する」という目的があり、法律によって義務付けられているシステムです。

個人情報を収集する目的ではありませんので、その点は安心して行ってください。

ワクワクメール

ワクワクメールは、20年以上の運営歴があり、国内でも4番目に大きい出会い系サイトです。

サイト内には「男同士」という掲示板だけではなく、LGBTコミュニティなどもあり、かなり出会いやすいです。(プロフィール検索も可能)

真面目に出会いを求めている人もいるんですが、掲示板内にはサポやパパ活に関する書き込みが盛んにあります。

ノンケの既婚者から連絡が来ることもあり、個人的にはかなりオススメできるサイトです!

\新規登録で1200円分のポイントが貰える!/

AppstoreやGooglePlayの規約により、アプリ版では「男同士」の掲示板や、一部LGBT向けのコミュニティが利用できません。また貰える無料ポイント数も少なくなりますので、ブラウザ版での利用をおすすめします。

ハッピーメール

ハッピーメールも、20年以上の運営歴があり、国内で最大の出会い系サイトです。(2023年現在で3000万人の累計会員数)

ワクワクメールのようにコミュニティ機能はないですが、同性愛掲示板とプロフィール検索により出会うことが可能です。

どちらかというと真面目な出会いを全面的に押し出しているので、健全なパパ活に向いている印象があります。

ワクワクメールに次いで、利用しやすいサイトです!

\新規登録で1200円分のポイントが貰える!/

※AppstoreやGooglePlayの規約により、アプリ版では「同性愛」の掲示板などが利用できません。また貰える無料ポイント数も少なくなりますので、ブラウザ版での利用をおすすめします。

G!!!(ジー)

G!!!は昔からあるサイトで、けっこうアクティブなユーザーが多いです。

メンズネットやクールボーイズに並ぶ運営歴で、プロフィール検索で相手を探すことができます。

登録自体は無料で、プロフィールをしっかりと書いておくと、相手からメッセージを貰うことができます。

僕自身、今は社会人をやっているので利用する機会は減りましたが、学生時代に良い思いをさせてもらいました。

高額サポを狙うのであれば、ぜひ登録してみてください!

ネット上で口コミを検索すると悪い評価が多いんですが、料金が少し高いので、やり取りが下手でモテない人にとっては「出会えないサイト」になるんですよね。

ただ最低限のコミュニケーション能力があり、根気よくやり取りを続ければ、会えたときの見返りが大きいです。

bible(バイブル)

bible(バイブル)は、ゲイだけではなく、LGBT全体の出会いをサポートする総合サイトです。

プロフィール検索以外に「コミュニティ機能」が搭載されており、エロ目的での出会いは少ない印象ですね。

そのため食事やデートのみでもOKな場合が多く、健全なパパ活をしたい場合にオススメです!

ネット上で口コミを検索すると悪い評価が多いんですが、料金が少し高いので、やり取りが下手でモテない人にとっては「出会えないサイト」になるんですよね。

ただ最低限のコミュニケーション能力があり、根気よくやり取りを続ければ、会えたときの見返りが大きいです。

その他、無料のサイトや掲示板

サポやパパ活ができる無料のサイトや掲示板と言えば、

  • クールボーイズ&クールガイズ
  • 爆サイ
  • G-STYLE

などの有名なサポ掲示板があります。

しかし、無料のサイトや掲示板は、冷かしや業者からのメールが非常に多いです。

また無料で使えるがゆえに、「暇つぶし感覚」で利用している人も多く、会うまでに至ることが無いんですよね。

そういったサイトに言えることですが、目先のお金のことだけを考えて安売りをしている人もいますので、全体の相場も下がっており稼ぎにくいです。

Hirokazu
あまり利用しないほうがいいですし、僕も今はほとんど使うことはありません。
最後に

今回はTwitterでの出会いについて書きましたが、個人的にはあんまりオススメすることはできません。

顔や体がよかったとしても、質の良い相手を見つけるのは難しいでしょう。

あくまでも個人の意見になりますので、うまくいくこともあるんですけどね!

参考までに。